ドコモ版iPhone XRで、香港のeSIMサービスを使う! 見えてきたeSIMの便利さとは


ドコモ版iPhone XRで、香港のeSIMサービスを使う! 見えてきたeSIMの便利さとは


 

ドコモ版iPhone XRで、香港のeSIMサービスを使う! 見えてきたeSIMの便利さとは

スマートフォンが便利なのは、SIMカードを交換するだけで、通信プラン(通信会社の利用)を自由に変えられることにあります。

もちろん大手キャリアは、SIMロックされているので、SIMカードを変えるには、SIMロックを解除しなければなりません。

しかし最近のSIMロック解除は、

・解除可能になる期間の短縮

・店頭やオンラインでの解除

・中古スマートフォンの解除

などの対応

SIMフリースマートフォンの増加

これらで、SIMカードを交換して使うことも、随分と簡単になってきました。



特にSIMフリースマートフォンは、各社の格安SIMの中から、自分の利用シーンに合ったサービスを選択して、SIMカードを入れ替えることで、リーズナブルな利用ができます。

格安SIMユーザーの増加で、このようなSIMカードの入れ替えにも慣れてきた人が増えています。





そもそもSIMカードは、

電話番号などの通信用データが記録されたチップが搭載されているプラスチック製の小型カードです。

サイズは、標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類。

現在のスマートフォンでは、ナノSIMが主流になっています。



スマートフォンは、SIMカードを本体に挿入することで、SIMカードに記録された通信家事業者の電波を受信し、通話やインターネットをすぐに利用できるようになります。



実は、本来、通信を利用するためには、

SIMカード(通信事業者)のネットワークを利用するためのAPN(Access Point Name:アクセス・ポイント・ネーム)をスマートフォン本体で設定をする必要があります。



ただ現在のAndroidスマートフォンでは、あらかじめ主要な通信事業者のAPNがスマートフォン本体にインストールされており、自動で設定もしくは手動でAPN選択すれば使えるようになるので、「APN設定」はしたことがないという人も多くなっています。



iPhoneの場合は、APN設定ではなく、格安SIMの事業者より提供されている「構成プロファイル」をダウンロードしてインストールすることで通信が可能になります。



SIMカードの仕組みは、このようにわずかな手間こそありますが、通信会社を自由に選べるため便利なのです。



ですが、さらに便利になるのが、最新のiPhoneでも採用された「eSIM」という仕組みです。



eSIMとは、

物理的な(プラスチック製の)SIMカードが不要な仕組みなのです。

スマートフォン本体に「eSIM」チップが搭載されており、SIM情報を書き込むだけですぐに通信を利用できるのです。



SIM情報は、通常QRコードで提供されています。

たとえば、

オンラインで新しい通信契約を申し込みした後、QRカードが表示されます。

そのQRコードを読み込むことで、すぐに通信が利用できる。

といったようになります。



この便利なeSIMを搭載しているのが、2018年にリリースされたiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRです。

デュアルSIM機能が搭載されており、1つが物理的なSIMカード(ナノSIM)、もう1つ「eSIM」となっています。

ただし、現在(2019年2月現在)、日本の通信会社ではeSIMサービスの提供が開始されていないため、eSIM機能を使えるのは、

・eSIM対応のSIMフリースマートフォン

・SIMロック解除したiPhoneおよびeSIM対応スマートフォン

これらのスマートフォンで、海外のeSIMサービスを選ぶ必要があります。



今回、

・ドコモ版iPhone XRで、SIMロック解除

・香港の通信会社「3香港」のeSIMサービスを登録

こちらを試してみましたので、紹介します。





今回使用したiPhone XRは、NTT]ドコモで割賦購入したのモデルです。

NTTドコモのSIMロック解除期限は、購入後100日。

この期間を経過していれば、店頭(有償)オンライン(無償)でもSIMロックは解除できるようになります。




この記事へのコメント