iPhone盗み聞きされる恐れ、OSに欠陥


iPhone盗み聞きされる恐れ、OSに欠陥


 

 【ニューヨーク=吉池亮】米アップル社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などで使用できるビデオ通話サービス「フェイスタイム」に不具合が見つかり、ユーザー側の音声が盗み聞きされる恐れがあることがわかった。



 基本ソフトウェア(OS)の欠陥が原因で、アップル社はビデオ通話サービスの利用を一部制限し、不具合を修正したソフトウェアを近く配信するとしている。



 欠陥はコンピューター専門サイトなどが28日に公表して明らかになった。呼び出し中にマイクが勝手に起動してユーザーの音声が聞かれる恐れがあるほか、着信を拒否しても内蔵のカメラが起動し、映像を無断で撮影することもあるという。



この記事へのコメント