キャリアの行き詰まりからあなたを救う5つの方法


キャリアの行き詰まりからあなたを救う5つの方法


 

キャリアの行き詰まりからあなたを救う5つの方法

キャリアの行き詰まりは、誰にでもいつか起こるものだ。最高に楽しい仕事であっても、しばらくすると単調に感じ始めることがある。同じ仕事を長期間続けていると、いずれは行き詰まりを感じるだろう。



人は生まれつき学習と成長の機会を求めるもので、その機会が得られないと行き詰まりを感じる。だが、キャリアの行き詰まりから脱出するのは簡単で、必要なのはほんの少しの努力だ。



居心地の良い環境から脱する



最初のステップは、自分がここちよく感じる環境から抜け出すこと。ずっと同じことを続けていると、行き詰まり感が強まるだけだ。キャリアの行き詰まりを感じる理由は、ここちよい環境に留まっていることと大いに関係がある。これは本質的には悪いことではないが、変化を起こすためには自分自身で作り出したセーフティネットから脱する必要がある。



大きなステップだが、キャリアの行き詰まりを進むべき道へと変えていく上で、最大限の効果を得られるだろう。何かが起きるのを待っていてはいけない。自ら変化を起こそう。



目標設定と戦略立案



キャリアの行き詰まりから脱出するためには、達成すべき目標を設定し、そこへ至るまでの計画を立てる必要がある。ゴールを設定することにより、努力目標ができ、モチベーションを保つ助けとなる。目標を設定したら、達成に必要なことを特定する。すべきことと、その工程表、各ステップを明確化し、戦略を立てる。



計画には例えば、ネット上でのプレゼンス強化、履歴書の更新、ネットワーキングイベントへの参加などを含めよう。確実に前進し行き詰まり状態から脱するためには、全プロセスに自分で責任を持つことが必要だ。もしそれが難しければ、自分の進捗状況に注意してくれる協力者を見つけるとよい。



リスクを冒す



現状を変えるためのリスクを恐れてはいけない。リスクを冒すことで、自分自身に挑み、日々の単調さを打開できる。これは、居心地の良い環境から抜け出すことと、そして自分が立てた戦略とも関係する。



ここで重要な点は、それまで自分がはまっていた枠から出ること。行き詰まりを感じているものの、昇進を要求するにはまだ早いと感じている場合でも、とにかく昇進を頼んでみよう。希望する仕事には自分は条件を満たしていないと感じても、応募してしまおう。



試しても損はない。リスクを冒すことで、見返りが得られるかもしれないのだから。



ひとりで進めない



行き詰まり状態からの脱出は最終的には自分次第だが、全てをひとりではできない。メンターからアドバイスを得たり、単に現状について話し合ったり、支援者を見つけたり、ネットワーキングイベントに参加したり、友人と話したりしよう。



自分が出会う人は誰でも、行き詰まり状態からの脱出を手助けしてくれる可能性がある。誰が新たな機会を見つける助けとなるかはわからないので、躊躇してはいけない。率直に、自分が求めているものを伝えよう。



日々のルーチンを変える



毎日のルーチンを変えることで、仕事と私生活の両方の改善につながる。10分早く起きるとか、メールチェックの前にニュースを読むなど、たとえ小さな変化であっても効果はある。単純に普段とは違うことをするだけで、それまで陥っていたパターンを壊すことができる。



仕事の方法を意識せずに自動運転モードでタスクを次々とこなしていくのは簡単だ。毎日が混然一体となり、週末に少し休憩し、また月曜から単調な仕事へ戻る日々が続いてしまう。自分に対して毎日の朝、午後、夜にそれぞれひとつ違う行動を取ることで、日々のサイクルを断ち切れば、その日全体に効果が表れる。



結局のところ、あなたをキャリアの行き詰まりから脱出させてくれる最高の人物は、あなた自身だ。自分から行動を起こそう。この5つのステップに加え、常に成長し学習し続けられるよう、仕事の能力を磨こう。それにより、行き詰まり感を払拭し、今、そして将来役に立つスキルを身につけられる。

この記事へのコメント