都会暮らしでも節約はできる、実現するための10のヒント


都会暮らしでも節約はできる、実現するための10のヒント


 

都会暮らしでも節約はできる、実現するための10のヒント

都会暮らしにはお金がかかる。あらゆるところに、散財してしまう機会があるからだ。ただ、それでも予算内で暮らしていくことは可能だ。



それを実行するためのヒントは、自分が何にお金を使っているかを把握していること、無料で利用できるものを最大限に活用すること、そして、「便利さ」というわなに掛からないよう注意することだ。具体的には、次の10項目を実行することだ。



1. 「便利さ」にお金を使うのをやめる



都会には幾つもの「便利さ」というわながある。タクシーやクリーニング、さまざまな商品のデリバリーなど、便利なサービスをいつでも簡単に利用することができる。それらを使うべきではないと言っているわけではない。だが、これらがすぐに、「時々のぜいたく」から日常の”必需品”に変わってしまうものであることに注意が必要だ。



2. 「家賃貧乏」にならない



無理なく家賃が払える部屋を借りること。これは大半の都市において、希望するものの一部を犠牲にすることを意味する。そのため、自分にとって何が最も重要かを明確にすることが重要だ。



筆者にとっては、最も重要なのは部屋そのものよりも、そのアパートがどのような場所にあるかということだった(これまでに借りた部屋はどれも、基本的に箱にドアが付いたようなものだ)。



3. コード・カッティング



都会に住んでいれば、楽しめるものは他にいくらでもある。テレビとインターネットの基本的なサービスだけで、恐らく十分だ。さらに、Apple TVやHulu、ネットフリックスをはじめ、選択肢は増加している。住む場所に関わらず、ケーブルテレビの必要性はますます低下している。



4. 車を使わない



公共交通機関や自転車、または徒歩で目的地に行かれることは、都市が提供する数少ない「お金のかからない」便利さの一つだ。



例えば、妊娠している、雨が降っている、足が痛い、地下鉄で行くのは本当に不便だ、などの正当な理由がある場合を除き、タクシーやウーバーの利用はやめるべきだ。



5. 地元のフリーペーパーを活用する



週に一度、自分が住んでいる地域で行われる無料のアクティビティーについて、フリーペーパーや地元の団体のツイッターアカウントなどをチェックしてみよう。また、近所に住んでいる人に週末の予定を聞いてみれば、それまで知らなかったイベントやスポットについて、情報を得ることができるだろう。



6. 散歩する



都会に住んでいることの最も良いところの一つは、娯楽を探す必要がないということだ。探さなくても、何かに出会うことができる。例えば、公園を散歩しながら、そこにいる人たちがしていることを見ているだけでも楽しい。



公園にはいつも、ジャグリングやダンスをする人たち、素晴らしい腕前のサックス奏者、シャボン玉作りのプロなどがいる。



7. 「限定」を活用する



節約のため、ハッピーアワーやレストランのお勧めメニュー、「レストランウィーク」などの期間限定のイベントを探し、利用するようにしてみよう。



8. ランチは持参する



これは誰にとっても、「節約のためにすべきこと」リストの中に入れたくないことの一つだ。それは分かっているが、都会に住む人にとっては特に効果的な方法だ。オフィス内のカフェテリアでも近所の店でも、値段は必要以上に高い。平日のランチに必ず10ドル(約1080円)を使うとすれば、年間およそ2600ドルの出費だ。



9. BYOC(Bring your own coffee)



「コーヒーを持参する(BYOC)」実践すること。その方が節約できるからというだけではない。オフィスの近所のコーヒーショップに行けば、ちょうど焼き立てのシナモンロールをオーブンから出しているところかもしれない。おいしそうなクランベリーとゴートチーズのサラダが並んでいるかもしれない。



4ドルのコーヒーを買うことで生活費が予算オーバーになるわけではないだろう。だが、問題はついでに他のものが欲しくなり、15ドルを使ってしまうリスクがあることだ。



10. 「断れる人」になる



素晴らしいレストランやショー、コンサート、美術館など、都会は行くべき場所、見るべきものであふれている。娯楽費だけで給料を使い切ってしまうのも簡単だ。友人と一緒に何かをするときにも、同意するかどうかについてよく考える必要がある。今夜何かを逃しても、明日にはまた別の楽しみがあるはずだ。

この記事へのコメント