女の子に「キモい!」と思われるLINE・メール9パターン


女の子に「キモい!」と思われるLINE・メール9パターン


 

女の子に「キモい!」と思われるLINE・メール9パターン

気になる女の子のメルアドやLINEのIDをゲットしたときには、すぐにアプローチを仕掛けたくなるものですが、送る内容には注意が必要です。相手の気持ちを深く考えずにメッセージを送ってしまうと、内容によっては「キモい」というレッテルを貼られてしまうこともあるようです。ということで、今回は「女の子に『キモい!』と思われるLINE・メール9パターン」を紹介します。



【1】女の子に気持ちを伝えるための自作ポエム

恋愛はときに、人をロマンチックな詩人に変えてしまうことがあります。しかし、一方的に自作ポエムを送られた側からすると、その気持ちの盛り上がりっぷりに引いてしまうことが多いようです。気持ちを伝えるなら、まず相手の様子をうかがい、できれば直接会って伝えた方がいいのかもしれません。



【2】メールの最後に顔の写真が添付されたメール

女の子の印象に残りやすいように、メールの最後に自分の顔写真を添付する人もいるようです。しかし、女の子の目には、ただのナルシストにしか映らないことが多いのかもしれません。写真を添付するときは、どこかに行ったときの報告用で使うか、女の子が興味を持ちそうなモノを紹介するときなどに限定した方が無難です。



【3】可愛すぎるデコメール

女の子ウケを狙ってデコメールを送っている人もいるようです。しかし、送られた女の子からすると、可愛い画像を選んでいるところや、それを使ってメールを打っているところを想像してしまい、気持ち悪いのかもしれません。メールは見た目よりも書いてある文章で勝負した方がよさそうです。



【4】「でちゅ」「あいちてる」などの赤ちゃん言葉を使ったメール

母性本能をくすぐる目的で、「あいちてる」などの赤ちゃん言葉を使ってメールする人もいるようです。しかし、付き合っているのならともかく、そうでない場合は、ただサムいと思われておしまいになってしまうことが多いのかもしれません。赤ちゃん言葉を使うのは、二人の関係が進展してからにした方がいいでしょう。



【5】「〜だょ」「〜ゎ」のギャル文字を使ったメール

女の子が時々使うような、小文字を駆使したメールを送る人もいるようです。しかし、普段使っている女の子ならともかく、そうでない場合は相手をイラッとされてしまいます。まずはメールのやりとりを何回かしてみて、使っても問題ない相手かどうか見極める必要があるでしょう。



【6】毎朝送られてくる無意味な「おはよう」メール

少しでも自分を意識して欲しいからと、毎朝「おはよう」メールをするのはなるべく避けた方がよさそうです。特に内容のない「おはよう」メールは、返信に困った女の子に無視されてしまいます。それでも繰り返し送られてくるところがキモさを増幅しているようです。「おはよう」メールは、何か特別なトピックがあるときに限定して送るようにした方がいいでしょう。



【7】付き合ってもいないのに会いたいとせがむメール

メルアドを交換しただけで、「会いたい。」など大胆にアプローチするのは危険です。付き合ってもないのに、馴れ馴れしいと思われてしまうかもしれません。まだ付き合っていない女の子に対しては、ただ会いたいと伝えるのではなく、彼女の好きなことや行きたいところなどを聞き出して、一緒にデートに行くきっかけを作ることに全力を注いだ方がよさそうです。



【8】彼氏でもないのに名前を呼び捨てにしているメール

「○○は今日何してた?」のように、メール内で女の子を呼び捨てにしてしまう人もいるようです。女の子からすると、「メルアドを交換しただけなのに、彼氏きどりをしている人」に見えてしまうのかもしれません。付き合う前の女の子とメールをする時は、いつも使っている呼び方にしておいた方が無難です。



【9】ギターの弾き語りなど、自分の特技を撮影したムービーメール

特技は積極的にアピールしたくなってしまうものですが、それをムービーメールで送るのはやめておいた方がいいかもしれません。例えば、ギターの弾き語りの場合、女の子がそれに興味を持っていなければ、ただのナルシストが歌っているようにしか見えない可能性があります。特技をムービーメールで送るのは、女の子に「見せて」と言われてからにした方がいいでしょう。



相手の気持ちを考えず一方的に送ってしまったLINEやメールが「キモい!」と思われてしまう傾向にあるようですね。注意したいところです。また、今回ご紹介した以外では、どんなメッセージが女の子に「キモい!」と思われてしまうのでしょうか? みなさんからのご意見をお待ちしております。(外山武史)

この記事へのコメント