仕事で使用する端末を従業員に選ばせると75%がAndroidではなくiOS、72%がMacを選択するという調査結果


仕事で使用する端末を従業員に選ばせると75%がAndroidではなくiOS、72%がMacを選択するという調査結果








社会人が業務で使用するスマートフォンやPCは、大抵の場合、企業があらかじめ用意したものであり従業員がどういった端末を使用するかを自由に選ぶことはできません。しかし、「もしも従業員が自由に業務で使用するスマートフォンやPCを選べたら?」という調査が実施されたところ、なんとスマートフォンでは75%がiOS端末、PCでは72%がmacOS端末を選ぶという驚きの結果が明らかになっています。



Survey: The Impact of Device Choice on the Employee Experience | Jamf



https://www.jamf.com/resources/e-books/survey-the-impact-of-device-choice-on-the-employee-experience/







New survey finds 75% of enterprise employees with choice pick iOS over Android, 72% Mac over PC | 9to5Mac



https://9to5mac.com/2018/04/26/employee-choice-ios-mac/



企業向けにApple端末のIT管理ソフトウェアを提供するJamfが、企業役員・マネージャー・IT専門家という役職の従業員580人を対象に実施した調査の結果を2018年3月に公開しました。



この調査で明らかになったのは、回答者の75%がAndroidよりもiPhone・iPadなどのiOS端末を使用したいと回答したこと。さらに、72%がmacOS搭載のMacを使用したいと回答しており、その他のOSを搭載したPCを使用したいという割合はわずか28%しかなかったそうです。







JamfがApple製品向けに管理ソフトウェアを販売しているという点については注意が必要ですが、それとは別にこれだけ多くの企業の役員・マネージャー・IT専門家がApple製品を使いたいと考えているということは驚きです。



その他の興味深いデータとしては、アンケートの回答者に「使用する端末がどのような面に影響するか?」について聞いた際のもの。アンケートに回答した68%は、使用する端末を自分で選択することで「生産性が向上すると感じている」と回答しており、35%は「職場を誇りに思うことができる」と回答しています。




この記事へのコメント