Apple直伝! フィッシング詐欺メールの見分け方


Apple直伝! フィッシング詐欺メールの見分け方


 



 



Appleを装った人物がメールを送り、ユーザーを偽サイトに誘導して個人情報を入力・送信させる「フィッシング詐欺」が増えています。



 



偽メールを見分けるポイント



1. 領収書メールに住所は書かれているか



Appleがユーザーに送信する、App Store・iTunes Storeなどの領収書メールには請求先としてユーザーが登録した住所が記載されています。



Appleによると、偽メールにこの住所が記載されていることはありません。



購入履歴は設定アプリからも確認できます。設定アプリの最上部にある「ユーザー名」→【iTunesとApp Store】を開き、ページ最上部のApple IDをタップ→【Apple IDを表示】→【購入履歴】を開いてください。



2. クレジットカード情報を問い合わせていないか



Appleがメールでクレジットカードの番号やセキュリティコードを問い合わせることは決してない、とAppleは自社のウェブページに記載しています。



もしメールに「クレジットカード番号やセキュリティコードの確認が必要」と記載されていたら要注意です。



「確認が必要」とメールに書かれていたら



もし「アカウント情報や支払い情報を確認してほしい」というメールを受け取ったら、設定アプリで確認しましょう。Apple IDの情報は設定アプリで確認・更新できます。





 



メールが本物か否かを判別することは難しいときもありますが、Apple IDの情報を設定アプリで確認するように注意すれば、フィッシング詐欺の被害に遭う可能性はかなり減らせます。



Apple IDのパスワードも設定アプリで変更可能です。



参考



Identify legitimate emails from the App Store or iTunes Store - Apple Support



この記事へのコメント