iPhone X/8では使えない『iOS 11.3』の新機能


iPhone X/8では使えない『iOS 11.3』の新機能


 



 



iOS 11.3』には『iPhone X』・『iPhone 8』・『iPhone 8 Plus』で使えない新機能が盛り込まれます。



 



パフォーマンス管理機能をオフにできない



iPhoneのバッテリーが劣化すると、大電力が瞬時に必要となる重い処理を行う際に電源が突然オフになる場合があることから、iOSにはこれを防ぐために処理能力を制限するパフォーマンス管理機能が搭載されています。



iOS 11.3では、iPhone 6/6s/7(Plus含む)と『iPhone SE』でこのパフォーマンス管理機能をオフにできる機能が追加される予定です



しかし、iPhone X/8(Plus 含む)では利用できません。



新たなパフォーマンス管理システムを採用



Appleによると、iPhone X/8はこれまでとは異なるパフォーマンス管理システムを搭載しています。



必要とされる電力とバッテリーの能力を正確に見積もって、電源が突然オフになる事態を回避しつつ、パフォーマンスを最大限発揮できる設計になっているそうです。



その成果として、iPhone 6/6s/7/SEのように処理能力の低下が目立つことはなく、影響を受けにくいとされています。このことからiPhone X/8では、パフォーマンス管理機能をユーザーがオフにできる機能は不要だと判断されたようです。



一方で、バッテリーの状態を診断できる機能はiPhone X/8でも利用できるようになります。iPhone X/8も使用すればバッテリーの劣化は避けられず、1回の充電で利用できる時間は短くなるためです。



診断機能の詳細は以下のページをご覧ください。

→ ベータ版『iOS 11.3』にバッテリー診断・管理機能が登場、その詳細を解説



参考



iPhone のバッテリーとパフォーマンス - Apple サポート



この記事へのコメント