日経平均はアベノミクス以降の高値更新!買いなのか?


日経平均はアベノミクス以降の高値更新!買いなのか?


 

 世界では株価指数や経済指標が数年ぶり、十年以上ぶりなどの記録ラッシュが続いています。日本でも日経平均はアベノミクス以降の高値を更新しました。では今、買いなのかを考えてみたいと思います。


日経平均アベノミクス以降の高値更新!どこまで上がる?


世界では株価指数や経済指標が数年ぶり、十年以上ぶりなどの記録ラッシュとなっています。日本も、東証二部指数は1969年算出開始以来の最高値を更新し、同様に小型株指数であるTOPIX Smallは1993年以来の高値を取ってきました。そして日経平均もアベノミクス開始以来の高値更新となりました。



世界と日本の現状の金融政策、経済政策は良く機能しており、国内景気や企業業績は「極めて良い」状況となっています。今後、企業利益に上方修正の波が必然的に押し寄せることで、株価も自然と高値を切り上げて行けると思います。



チャートも非常に強気です。長らくもたついていた間もチャートを崩さずに耐え、そして200日線で底入れすると前週から一気の急伸となり、一旦50日線で足を貯めてから、再び一気の年初来高値突破と、これ以上ない強気な形状です。


 

これから買いに入っても遅くはないと予想できるところか


明らかに高値を突き、上抜けに入ろうという相場状況でありますが、依然として上昇に懐疑的な見方も少なくないようで、天井と見た売りも出ている様子です。日経平均は高く寄ってから売りに押される日が多いのはそのためでしょう。逆に言えば、まだ全員が上昇で間違いなしと見ていないため、バブルに程遠い段階と思います。今の懐疑派が見方を変え、全員強気の相場になるところから、ようやく怒涛の上昇が始まるのではないかと見ています。



日本の経済指標を見ると、工作機械受注額は急角度で上昇しており(前年同月比+36.2%)、鉱工業生産指数前年比伸び率も+5.4%と堅調。景気ウォッチャー調査の現状判断DIや先行き判断DIも上昇トレンドが続いており、国内企業物価指数も+2.9%と右肩上がりです。生活実感からするとなかなか理解できないですが、日本の企業業績は想像以上に堅調な様子です。



法人企業統計によると、2017年4-6月期の全産業(資本金1千万円以上、金融機関を除く)の経常利益は+22.6%増の22兆3,900億円と、四半期ベースで過去最高となりました。前年通期も+9.9%増で過去最高でしたが、さらに伸び上がっているところです。上場企業についての統計を見ても、業績は一段と拡大しており、4-6月期の日本企業は市場予想からの上振れ度で欧米や新興国以上の成績となりました。同時期の経済統計では、日本の需給ギャップはさらにプラス幅を拡大し、直近は需要が供給を年4兆円上回る状態で、内閣府推計の潜在成長率を大幅に超えている事が明らかになりました。



バブル期の最高を軽く上回る利益を出し、全体の増益率が+22%増という強烈な伸び足ともなっている中で、日経平均はアベノミクス後の高値を更新したと行ってもまだまだ世界から比べると大変出遅れた状態だと思います。長期では、ダウやナスダックのように過去最高値奪回(4万円)に向け、そろそろ本格発進して行くべき経済状況にあると思います。



したがって、今回の急伸を逃したとしても、この形を見て、これから買いに入っても遅くないだろうと思います。日足ベースで「しまった、乗り遅れた」と思ったところから買い入っても、週足べースでは丁度良い入口であったことが多いものです。

(文:戸松 信博)

この記事へのコメント