ソフトバンク、半額でiPhoneが買えるプログラムや月50GBのプランを発表

ソフトバンク、半額でiPhoneが買えるプログラムや月50GBのプランを発表

ソフトバンクはiPhoneが半額で購入できるプログラムや、ギガモンスターのさらに上、50GBのデータ通信プランを発表した。

 ソフトバンクは今日13日、新型iPhoneの発表に合わせ新しい料金プランを発表した。



 「あなたファースト~ストレスフリーへ~」をコンセプトに、最新のiPhoneが半額で購入できるサービス「半額サポート for iPhone」の提供を開始する。対象の端末はiPhone 8以降のiPhone(48ヵ月割賦で購入可能な機種のみ)。端末の負担額が半分になるプログラムで、端末は48回払いになるが、24回払いが終了した時点で機種変更をする場合、残債が0円になるという仕組み。なお、このプログラムは無料で加入できる。

 

 加入条件は対象機種を新スーパーボーナス用販売価格(48回分割)で購入することと、「データ定額サービス」または「パケット定額サービス」に加入すること。適用条件は、対象機種を24ヵ月間利用し、25ヵ月目以降に同社が指定する機種へ機種変更すること、機種変更する際に「半額サポート for iPhone」または「機種変更先取りプログラム」に加入すること、機種変更する際にそれまで利用していた機種を同社が回収すること。最低でも2年は使うことが前提で、機種変更時に端末は回収されるということを覚えておきたい。途中で手放しても違約金はないが、残債はそのままなので注意しよう。

 

 半額サポート for iPhoneには月々割もそのまま適用される。

 

 次に発表されたのは、データ通信の新プラン。これまでギガモンスターとして最大30GB/月8000円で提供されていたが、「ウルトラギガモンスター」として、さらに20GBがプラスされ最大容量は50GBに、料金はこれまでより1000円安くなった7000円で提供される。申し込みは9月22日から。

 

 また、ウルトラギガモンスターの家族割も登場。最大10名まで適用され、通常の7000円から2人加入で5500円に、4人以上加入で5000円にディスカウントされる。さらに家族紹介で1人1万円(最大5万円)がキャッシュバックされるキャンペーンも実施する。

 

 そのほか、iPhone/iPadの修理がアップルストアに行かなくてもできる、修理取次も開始する。ソフトバンクショップ180店舗で10月2日から受付を開始するが、対象店舗は順次拡大される。

 

 最後にスーパーフライデイ1周年ということで、10月に再びサーティーワンアイスクリームとコラボする。

 

この記事へのコメント