「ブルーライト」で失明が早まる!?米トレド大学が発表

「ブルーライト」で失明が早まる!?米トレド大学が発表     この度アメリカのトレド大学が「スマートフォンやパソコンを長時間使い続けると、失明が早まる恐れがある」という趣旨の論文を発表しました。 黄斑変性症の進行を早める スマホやパソコンなどのデジタル端末から発せられるブルーライトは、可視光線の中で最も強いエネルギーを持つ光で、長時間見続けることにより眼や体に様々な…

続きを読む

認知機能の低下につながる7つの習慣 ネクタイも悪影響

認知機能の低下につながる7つの習慣 ネクタイも悪影響   私たちの日常的な習慣と認知機能との関連性について先ごろ、いくつかの興味深い研究結果が発表された。長期間の生活習慣は、脳の力を大幅に低下させたり、高めたりする可能性があるという。 認知機能を低下させ得る全ての行動を変えることはできないだろう。だが、以下に挙げる習慣とそれによってもたらせる状態については、変えるための努力を…

続きを読む

“老後に働ける”人気職業の実態。マンション管理員など、実際はどう?

“老後に働ける”人気職業の実態。マンション管理員など、実際はどう?   ◆老後に働ける人気職業の実態は?  老後に必要な貯金額を持っていても、それを取り崩しながら生活するのはやはり不安があるもの。「理想は、貯金を持ちながらフロー(収入)を得ること」と話すのは、中高年の労働事情を取材するジャーナリストの日向咲嗣氏だ。 「定年後は貯金に頼るより、短い時間…

続きを読む

胸ポケットから大金がチラッ!「ぬか喜びできるTシャツ」が誕生

胸ポケットから大金がチラッ!「ぬか喜びできるTシャツ」が誕生    「胸元がめくれているように見えるTシャツ」が話題になった、エコードワークスの「妄想マッピングTシャツ」。そのシリーズ最新作「妄想マッピングTシャツ Fake Money」が8月16日に発売されます。今度はTシャツの胸ポケットから大金が顔をだしているという仕様。金に群がる亡者たちをぬか喜びさせまくることができ&h…

続きを読む

行動経済学が解明を目指す「幸福」の正体

行動経済学が解明を目指す「幸福」の正体   近年の経済学は、主観的な幸福度も研究している(写真:Syda Productions / PIXTA) たとえば、寄付やボランティアをして、独特の幸福感を得た経験がある人は多いはずだ。経済学的に見れば、金銭的にも時間的にも「損」をしているのに、である。 経済学はこれまで、経済的な損得勘定を中心に幸福について考察してきたのだが、特に超…

続きを読む